にきびを治す洗顔石鹸の選び方と使い方

にきびにも様々な種類があります。すべて同じだと考えてはいけません。状態に応じた対処法が求められます。日々の生活においても注意したいですね。特に洗顔石鹸の使い方が重要になりますよ。

にきびとは

あなたのにきびは、どのような状況にありますか。たまにポツポツ出る程度であれば、問題はありません。逆にまったく出ないのも、おかしな話です。人間の体調は、一定ではないからです。

多くの人は、初期状態である白にきびには気づきにくいようです。これは毛穴に皮脂が溜まった段階です。このままで放置されると、皮脂が空気に触れて酸化し、黒ずんできます。これが黒にきびです。ここまではまだ心配ありません。

黒にきびが進行し、炎症が始まると赤にきびになります。ここからは皮膚科医と相談した方がよいケースが増えます。油断は禁物です。早めのケアを始めましょう。

症状が進むと炎症の結果膿が生じます。これが黄にきびです。さらに進展すると、膿と血が混ざる、内出血みたいに見える紫にきびとなります。ここに至れば諦めて、医療施設で治療を受けましょう。

洗顔に対する心掛け

にきびを悪化させる、治す、一方で予防するのは、すべてあなた自身の洗顔やスキンケアにかかっています。

もちろん肌質もあるでしょう。しかし油断していると、一時的な免疫力の低下により、にきび体質に陥ることも稀ではありません。

いずれにしても、洗顔の方法と回数が大切です。朝と晩の1日2回に止めましょう。洗いすぎてもいけません。

またいかなる時でもこすってはいけません。汚れは浮かして取る。洗顔後の水分も清潔なタオルで吸い取る。そして保湿にも心掛けましょう。

洗顔石鹸の選び方

白にきびの状態なら、洗浄力の強い、弱アルカリ性の洗顔石鹸を選びましょう。黒にきびなら合成界面活性剤や添加剤などを含まない製品がおすすめです。

赤にきびには治療薬など薬用成分の入ったものもよさそうです。黄にきびや紫にきびに対しては、刺激の少ない純石鹸成分で作られたシンプルな石鹸がベストです。

肌質にあった洗顔石鹸を使い、正しい洗顔方法に努めれば、にきびを予防することができます。また体質と諦めることなく、悪化を防ぐことも難しくありません。

なお石鹸自体でアレルギー反応を起こしている可能性も否めません。違和感があれば早めに使用を中止して、医師もしくは薬剤師と相談しましょう。

まとめ

にきびは、予防が第一です。また早期発見に努めましょう。そして悪化を防ぐ。そのためには肌質と合った洗顔石鹸を選び、正しい洗顔方法に努めることが大切です。諦めなければ、方法はいくらでもありますよ。

新着記事

にきびを治す洗顔石鹸の選び方と使い方

no_image

にきびにも様々な種類があります。すべて同じだと考えてはいけません。状態に応じた対処法が求められます。日々の生活においても

豆腐屋さんが作ったしゃくなげ花酵母豆乳せっけん

しゃくなげ花酵母の豆乳せっけんは成田屋の豆腐屋さんが販売している洗顔石鹸です。 豆腐屋さんが石鹸を販売してるの?と驚か

しゃくなげ花酵母豆乳せっけんが人気の理由

しゃくなげ花酵母豆乳せっけんは1個50gで2376円の価格設定になっています。 初回に限り半額で購入する事が可能ですが